怒り心頭の「パルコ問題」、今後は投資家として対処--森章・森トラスト社長


話をするのは四半期ごと パルコに優しすぎた

--これまでも、パルコに言うことを聞いてもらえなかった部分があったのでしょうか。

実際は逆で、われわれが優しすぎた。それに、接点もなかった。うちは好立地の場所に複合施設を造るから家賃が高い。パルコが狙っている賃料水準と違う。だから、条件が合わない。結果的に(共同事業は)汐留くらいしかない。ただ、われわれも不動産のプロだから、相談されればアドバイスはしますよ。

--あまり相談する機会もなかった?

すべて事後。四半期ごとの決算の後に言いに来るだけ。たとえば、浦和(の店舗購入)なんて相談されれば「やめろ」と言った。低い金利で借りて、高い家賃のところを買った。つまり、金利のレバレッジで儲かっただけ。でも、それは同時にバランスシートを崩しているから、ほかの経営指標は落ちてくる。だから、浦和を買ったときに、ある外資系ファンドが株を売ってしまった。そのうちの一部をイオンが買った。

パルコはすでに蚊帳の外 投資家としてネジを巻く

--パルコをめぐって、今後はどのようなシナリオを描きますか。

政投銀がどこに転換社債を売るのか、ということだろう。もともと何もイメージしないで買うわけがない。われわれなのか、イオンに売ってしまおうと思うのか。あるいは第三者か。いずれにせよ、イオン、政投銀、森トラストの話。パルコはもう場外だ。それを理解しないとまずい。

パルコはわれわれが親代わりだったから、社会教育を受けていない子どもみたいなもの。その結果どうなったかといえば、事実上、自分たちの会社を売っちゃったのと同じ。それなのに会見で「独立を守った」とか言っている。だから、こちらも気楽になった。これからは投資家として接する。投資家の目的は高く売ること。そのために企業価値を上げろと、ネジを巻かないといけない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT