怒り心頭の「パルコ問題」、今後は投資家として対処--森章・森トラスト社長

怒り心頭の「パルコ問題」、今後は投資家として対処--森章・森トラスト社長

ファッションビル大手のパルコに突如として降って湧いた、イオンからの提携話。社長交代など要求をエスカレートさせていくイオンに対し、パルコは徹底抗戦の構えを見せ、事態は泥沼化。そんな一連の騒動の中で、一人のオーナー経営者の言動が注目を集めた。

パルコの筆頭株主、森トラストの森章社長である。一時はイオンに同調し、パルコ経営陣の交代を求める株主提案を提出したものの、水面下で平野秀一・パルコ社長らと数度にわたって会談。平野社長のクビと引き換えに、株主提案を取り下げた。

こうして、一度は矛を収めた森社長だが、退任会見での平野社長の発言を受け、怒りが再燃している。パルコ株の33%強を保有する森トラストは、いかなる出口戦略を描いているのか。不動産業界の重鎮に、パルコ問題の「これから」を聞いた。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。