怒り心頭の「パルコ問題」、今後は投資家として対処--森章・森トラスト社長

怒り心頭の「パルコ問題」、今後は投資家として対処--森章・森トラスト社長

ファッションビル大手のパルコに突如として降って湧いた、イオンからの提携話。社長交代など要求をエスカレートさせていくイオンに対し、パルコは徹底抗戦の構えを見せ、事態は泥沼化。そんな一連の騒動の中で、一人のオーナー経営者の言動が注目を集めた。

パルコの筆頭株主、森トラストの森章社長である。一時はイオンに同調し、パルコ経営陣の交代を求める株主提案を提出したものの、水面下で平野秀一・パルコ社長らと数度にわたって会談。平野社長のクビと引き換えに、株主提案を取り下げた。

こうして、一度は矛を収めた森社長だが、退任会見での平野社長の発言を受け、怒りが再燃している。パルコ株の33%強を保有する森トラストは、いかなる出口戦略を描いているのか。不動産業界の重鎮に、パルコ問題の「これから」を聞いた。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。