怒り心頭の「パルコ問題」、今後は投資家として対処--森章・森トラスト社長


--森トラストが筆頭株主になっているパルコに対し、3月末、社長交代などを求める株主提案を提示しました。そこに至るまでの経緯をあらためて教えてください。

かつてのセゾングループが解体される過程で、パルコは2001年に社債が満期になり、借り換えができなくなっていた。そこで頼まれて、われわれが増資に応じた。それが両社の関係の始まり。当時の出資比率が約20%。その後に33%強まで買い増しして、持ち分法適用会社になった。

ただ、人口減少もあって、流通はこれから大変な時代が来るだろう。会計基準もIFRS(国際会計基準)に替わる。そうすると、パルコのような業態は賃料しか売り上げに計上できない。

そういう中で合従連衡が起こる。パルコ単独では情勢が厳しい。そこで、どこかと合併したときにパルコ側が主役で生き残れるよう、新たな増資を持ちかけた。正式に申し込んだのは昨年1月のことだ。

そうしたら向こうが警戒して、何カ月も答えを保留にされた。昨年5月の総会前に「6月の役員会で決議します」と言ってきたので、株主総会で信認した。ところが、8月になると、日本政策投資銀行(政投銀)に新株予約権付きの転換社債を発行して、資本・業務提携を結んだ。

33%強の株式を持つわれわれに対して、あのような形で勝手に希薄化させる行為はありえない。あの行動は上場していないオーナーの行動。彼らは1年単位で経営を任されているだけ。それを株主が選ぶわけだ。ましてや、政投銀なんて、ただのファンド。安定株主でも何でもない。そんなところに勝手に売るなんて、どうかしている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。