震災にも強いクラウド、日本での普及は急加速へ

セールスフォース・ドットコム会長兼CEOに聞く

確かに、サービスが短時間でも停止をすればビジネスの足を引っ張るだろう。しかし考えようによっては、従来型の社内で運用するシステムは、たとえダウンしなくてもビジネスの足を引っ張り続けている。なぜなら非常に複雑でコストもかかり、企業がビジネスに集中することを妨げているためだ。クラウドのメリットとデメリットを量りにかければ、メリットが圧倒的に大きい。

世の中に完璧な技術というものは存在しない。事故を防ぐと同時に、大きな事故にならないように努力を積み上げていくことが重要だ。そして自社のパフォーマンスについて平常時からつねに透明性を確保し、問題が発生した際にも積極的に情報を発信していかなければならない。

--震災や原発事故により日本への投資戦略に変更は? 年内にデータセンターを開設する計画は変わっていませんか。

日本への投資を緩めることはない。それどころか加速させていきたい。そのためにも重要なのがデータセンターだ。日本国内にデータセンターを設けることを日本の顧客が求めており、その要望に応えることが必要。これは日本が安全かどうかではなく、顧客サービスの問題だ。

日本をアジアにおけるデータセンタービジネスのハブにする構想を経済産業省が進めているが、これは非常にいいアイデアだと思う。日本にはビジネスを行ううえですばらしい環境が整っている。ビジネスコストはほかの国よりも高いかもしれないが、メリットも多い。

具体的には、まず日本の通信インフラは、世界を見回しても最も高度で信頼できるものの一つだ。ソーシャルメディアとモバイル技術の活用においても日本の利用者は非常に先進的だ。利用者数も急成長している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT