東山氏、ジュリー氏、井ノ原氏の心情を表情で分析 「冷静、苦悩、歯がゆさ」三者三様の感情が表出

拡大
縮小
東山紀之、藤島ジュリー景子、井ノ原快彦、ジャニーズ事務所
記者会見で発言する東山紀之氏(撮影:東洋経済オンライン編集部)

9月7日、ジャニーズ事務所が、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題をめぐり、都内にて記者会見を実施しました。本稿では、発言の中心を担っていた東山紀之ジャニーズ事務所新社長、藤島ジュリー景子ジャニーズ事務所前社長、井ノ原快彦ジャニーズアイランド社長にスポットを当て、表情及び供述から会見時の心理分析を試みます。

三者三様の表情を浮かべる

会見冒頭、登壇者が横並びになり、東山氏及びジュリー氏が今後の対応を説明します。この場面が、4時間を超えるこの会見を象徴しているように思えました。

東山氏は、ほとんど表情を動かすことなく淡々と今後の対応を説明します。自らは芸能活動を辞し、新社長として世界でも類を見ない性被害の対応をするという事の重大性に比して、至極冷静に見えます。

ジュリー氏は、悲しみ及び恥表情を浮かべ、ジャニー氏の性加害を認め、被害者に謝罪の意を述べ、補償を約束します。

井ノ原氏は、冒頭に発言はないものの、口をモゴモゴさせるマニピュレーターという動きを見せます。これは感情の起伏をなだめようとする動きです。

東山氏の冷静さ、ジュリー氏の悲しみと恥、井ノ原氏の感情の起伏の理由は何だったのでしょうか。会見全体を見渡すと、それぞれの感情が具体的な言葉となって随所に表明されていたと見受けられました。代表的なものをいくつかピックアップします。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT