アラサーのための戦略的「人生相談」--夫婦関係をどうすれば修復できますか(その1)


広瀬 一郎

■■第12回 夫婦関係をどうすれば修復できますか(その1)

長谷川慎一・仮名 34歳 公務員

実は、妻とうまくいっていません。嫌いになったというなら事は簡単で、「別れ方を教えてほしい」と相談できるのですが、自分としては相思相愛で結ばれたと思っていますし、今もお互いに愛情を持っているはずだ、という自信があるんです。

でも、何かしっくりいかず、妻も同じ感じを持っているようなフシがあるんです。そこで、私から話し合いに誘導しようとしたんですが、「話すのも嫌だ」という感じです。

思い切って、この間「何が原因なんだ? いつからなんだ?」と聞いたところ、「いつとはハッキリ言えないし、積み重ねよ」なんて答えられてしまいました……。

私はいったいどうすればいいのでしょうか。

* * *

広瀬:「夫婦関係」の問題も、人生における重要な課題だから、「課題解決」のアプローチが有効なはずです。

課題を解決するためには、できるだけ正しいスタートを切る必要があります。実は、あなたは、奥さんに「なぜだ?」と聞く前に、いったん立ち止まって事実を確認する必要があったんですよ。

まず、「何が原因なのか」という「因果関係」を確認しておかなきゃいけないでしょう。あらゆる問題は、思い込みで動いてもなかなか解決しません。問題の原因だと思っていたことが、勘違いだったってことは往々にして起こりえます。

中でもいちばん多い勘違いは、「相関関係」と「因果関係」の混同です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。