アラサーのための戦略的「人生相談」--夫婦関係をどうすれば修復できますか(その1)


広瀬 一郎

■■第12回 夫婦関係をどうすれば修復できますか(その1)

長谷川慎一・仮名 34歳 公務員

実は、妻とうまくいっていません。嫌いになったというなら事は簡単で、「別れ方を教えてほしい」と相談できるのですが、自分としては相思相愛で結ばれたと思っていますし、今もお互いに愛情を持っているはずだ、という自信があるんです。

でも、何かしっくりいかず、妻も同じ感じを持っているようなフシがあるんです。そこで、私から話し合いに誘導しようとしたんですが、「話すのも嫌だ」という感じです。

思い切って、この間「何が原因なんだ? いつからなんだ?」と聞いたところ、「いつとはハッキリ言えないし、積み重ねよ」なんて答えられてしまいました……。

私はいったいどうすればいいのでしょうか。

* * *

広瀬:「夫婦関係」の問題も、人生における重要な課題だから、「課題解決」のアプローチが有効なはずです。

課題を解決するためには、できるだけ正しいスタートを切る必要があります。実は、あなたは、奥さんに「なぜだ?」と聞く前に、いったん立ち止まって事実を確認する必要があったんですよ。

まず、「何が原因なのか」という「因果関係」を確認しておかなきゃいけないでしょう。あらゆる問題は、思い込みで動いてもなかなか解決しません。問題の原因だと思っていたことが、勘違いだったってことは往々にして起こりえます。

中でもいちばん多い勘違いは、「相関関係」と「因果関係」の混同です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。