有料会員限定

2023年最新路線価で試算!「駅別」相続税額MAP 地価上昇の影響受けて相続税額は下落地点なし

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

7月発表の最新路線価を基に駅別の相続税額をシミュレーション。全国的な地価上昇の影響が浮き彫りに。

都営大江戸線六本木駅の入り口
(写真:yu_photo / PIXTA)

特集「相続・登記・空き家 2024年問題」の他の記事を読む

2024年から相続や登記・空き家のルールが激変。1月からは「生前贈与制度」が変更、4月には「相続登記の申請義務化」が始まる。そしてマンション相続税評価額の新算定ルールも導入予定だ。『週刊東洋経済』の8月7日(月)発売号(8月12・19合併号)では、「相続・登記・空き家 2024年問題」を特集。そうした相続関連の2024年問題とその対応策を解説していく。
『週刊東洋経済 2023年8/12・19合併号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

地価上昇が続いている。国税庁が7月に発表した2023年の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比1.5%上昇と2年連続で上がった。コロナ禍の反動が要因だが、それ以前の19年の地価を上回る地点も少なくない。当然、相続税の対象者数も納税額も増加傾向にある。

相続税「駅別」試算MAPは、路線価を基に、駅別の相続税額をシミュレーションしたものだ。

首都圏・関西圏・中部圏ともに前年比で相続税額は上昇か横ばいで、下落地点はなかった。なお、試算は土地面積約45坪、建物500万円、金融資産2000万円の相続を前提にしたが、小規模宅地等の特例を適用すると納税額がゼロになる地点が多い。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
相続・登記・空き家 2024年問題
親の死去などで実家受け継ぐ場合は申請義務に
突然の相続で「想定外の事態」に翻弄される人も
「相続時精算課税」の使い勝手が格段にアップ
不公平な生前贈与などで「争族」になるケースも
自筆証書遺言は必要情報の「正確な記入」が肝だ
相続税の申告・納付の期限は「死後10カ月以内」
千代田区は被相続人の「半数近く」が課税対象
地価上昇の影響受けて相続税額は下落地点なし
基準変更で評価額倍増し相続税発生物件も急増
生前贈与では「小規模宅地等の特例」適用なし
一挙公開!相続税の「節税額」シミュレーション
住宅資金は25年末まで延長される可能性が高い
賃貸や売却が難しく、「20年以上」空き家も多い
読者2600人アンケートでわかった片付けの実態
「ルール激変」の影響をケーススタディーで学ぶ①
「ルール激変」の影響をケーススタディーで学ぶ②
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内