「タワマンや偏差値」は規格化された幸せの象徴だ 中学受験×タワマン文学対談<前編>

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
窓際三等兵さんとおおたとしまささんが現代の中学受験のリアルを語り合いました(写真:葉/PIXTA)
タワマンを舞台にした中学受験狂騒曲を描いたコミックエッセイ『タワマンに住んで後悔してる』(KADOKAWA)を上梓した窓際三等兵さんと、中学受験の実態に迫る『勇者たちの中学受験』(大和書房)というノンフィクションが話題になっている教育ジャーナリストのおおたとしまささんが、お互いの作品に触れながら、現代の中学受験のリアルを語り合いました。

「タワマンに住んで後悔してる」で描かれた3人の母親

おおた:窓際さんのコミックエッセイ『タワマンに住んで後悔してる』では3人の母親が描かれています。舞と恵が専業主婦で、舞は低層階、恵は高層階。夫の収入が違う。香織だけがキャリアウーマンで中層階に住んでいます。3人の設定にはどういう意味が?

窓際:舞は、子どもが5年生のときに地方から来て、わけもわからず中学受験に巻き込まれ、子どもに可能性があると褒められ、どんどんのめり込んでしまう。このキャラクターは一昔前の中学受験を象徴しています。また、中学受験文化を知らない読者の分身でもあります。

恵の子どもは帰国子女です。中学受験をちょっと外から見ているキャラクターがほしくて。私の知人にも多いのですが、海外駐在から帰ってきたひとたちは、いわゆるサピックス文化から少し距離を置くというか、ちょっと見下しているところがあります。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT