アマゾンで売れた「ビジネス・経済書」200冊

連休を前に売れた本はこれだ!

ゴールデンウィークを前に売れた本は?(写真:msv/PIXTA)

ゴールデンウィークを前に、本を購入した人は多かったに違いない。連休前にどのような本を購入したのか。今回は、4月26日~5月2日にアマゾンの「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れた200冊のランキングを掲載する。

トップの『HARD THINGS』は3週連続で首位をキープした。壮絶な経験をしてきたベンチャー投資家が書き下ろした指南書は、入学、就職、転職、起業など新しい道に踏み出した人に勇気を与える内容だ。

2位は「売れる広告社」を率いる加藤公一レオ氏のオンライン事業者向けのマーケティング指南書。いったん下位に落ちていたが、また上位に復活した。ほかにも、『広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015』『最新のネーミングの強化書』などマーケティング系のノウハウ本が上位に目立っている。 

4月26~5月2日のアマゾン(ビジネス・経済)トップ20冊はこちら

 1  HARD THINGS  ベン・ホロウィッツ
 2  100%確実に売上がアップする最強の仕組み  加藤公一 レオ
 3  一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?  小川 晋平
 4  エッセンシャル思考  グレッグ・マキューン
 5  運を支配する  桜井 章一
 6  伝え方が9割 2  佐々木 圭一
 7  ドキュメント パナソニック人事抗争史  岩瀬 達哉
 8  長の十訓  藤尾秀昭
 9  カリスマ講師 THE バイブル  渋谷文武
10  広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015
11  0ベース思考  スティーヴン・レヴィット
12  なぜ、この人と話をすると楽になるのか  吉田尚記
13  たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-  見城 徹
14  バリュー・プロポジション・デザイン   アレックス・オスターワルダー
15  ゼロ・トゥ・ワン    ピーター・ティール
16  最新のネーミングの強化書   高橋 誠
17 人は、誰もが「多重人格」  田坂 広志
18 ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか  佐藤智恵
19 競争しない競争戦略   山田 英夫
20 グロービス流ビジネス勉強力 グロービス経営大学院
 
次ページトップ50は?
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。