出版界で今アツいのは"起業系"の書籍だった

アマゾンで売れた「ビジネス・経済書」200冊

写真:bst2012 / PIXTA

1週間(前週の日曜日から土曜日)を通じて、アマゾンの「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れた本は何か。東洋経済オンラインでは毎週火曜日か水曜日に、トップ200冊のランキングを掲載している。今売れているビジネス書、経済書を確認するためのガイドになるはずだ。

今回は、4月19~25日のランキング。トップに立った『HARD THINGS』は2週連続で首位に付けた。シリコンバレーで注目されるベンチャーキャピタル(VC)のひとつであるアンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者であるベン・ホロウィッツが書いた著作の邦訳だ。

続く2位にも新事業創出に関する書籍がランクインしている。いま起業の周辺が熱いことは間違いない。

東洋経済オンライン編集長も審査員として参加しているビジネス書大賞2015が4月27日に発表になった。大賞に選ばれたのは、『ゼロ・トゥ・ワン』。準大賞には『How Google Works』が選ばれている。これらも、起業に関する書籍といえるだろう。

ゴールデンウィーク中にこれら起業系書籍がどれだけ伸びていくか、要注目だ。

 

4月19~25日のアマゾン(ビジネス・経済)トップ20冊はこちら

  1 HARD THINGS ベン・ホロウィッツ
 2 なぜ新事業が起こせるのか? 森部好樹
 3 ドキュメント パナソニック人事抗争史 岩瀬 達哉
 4 リスティング広告 成功のための実践テクニック 皆川 顕弘
 5 カリスマ講師 THE バイブル 渋谷文武
 6 競争しない競争戦略 山田 英夫
 7 なぜ、この人と話をすると楽になるのか 吉田尚記
 8 運を支配する (幻冬舎新書) 桜井 章一
 8 エッセンシャル思考 グレッグ・マキューン
10 あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 高嶋 美里
10 長の十訓 藤尾秀昭
12 ゼロ・トゥ・ワン ピーター・ティール
13 図解 日本アムウェイ(改訂第2版)
14 速さは全てを解決する 赤羽 雄二
15 バリュー・プロポジション・デザイン アレックス・オスターワルダー
16 稼げるコンサルタント 稼げないコンサルタント 柳生 雄寛
17 逆転力 ~ピンチを待て~ 指原莉乃(HKT48)
18 なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか 上野金太郎
19 お金が貯まるのは、どっち!?  菅井敏之
19 0ベース思考 スティーヴン・レヴィット
次ページトップ50は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT