屋内退避の南相馬で何が起きているか--弱体化した医療の回復へ、現場の努力が続く

屋内退避の南相馬で何が起きているか--弱体化した医療の回復へ、現場の努力が続く

東京電力福島第一原子力発電所から、半径20~30キロメートル圏に中心部が位置する福島県南相馬市。原発が水素爆発を起こした直後の3月15日、住民に対して「屋内退避」指示が出され、病院や診療所の閉院が相次いだ。多くの店舗もシャッターが閉まり、人口7万人の市街地から人影が消えていた。

その南相馬市に、住民が次々と戻ってきている。「正確な人口は把握できていない」(阿部貞康・市長公室次長)が、一時2万人まで減ったといわれた人口は現在、「3万~3万5000人に増えているようだ」(阿部次長)。市中心部の原ノ町駅前(右上写真)は閑散としているものの、市役所はごった返し、3月25日に再開したスーパーマーケット「Saiya」も来店客でにぎわう(下写真)。4月に入ると民間病院で診療の再開も相次ぎ、開院時には患者の行列ができている。

静まり返った町に住民が戻ってきたが…

とはいえ、いったん喪失した都市機能の回復は難しく、現在も多くの店舗が閉じたままだ。郵便物や新聞も家庭に届かない。南相馬市立総合病院は、震災前に約200人いた入院患者をゼロにした後、現在も外来患者のみに診療を限定(下写真)。救急車受け入れもしていない。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT