幸せな晩婚に影を落とす「前妻とカネ」問題

高額の養育費や住宅資金の援助に悶々

修さんは大企業の管理職であり、弘子さんとの旅行にしかまとまったお金を使わない質素な生活を送っている。迫りくる老後も企業年金があれば生活に困ることはないだろう。とはいえ、蓄えがなければ悠々自適で暮らすわけにはいかなくなる。

「私がこのまま順調に出世して、主人が定年してまったく稼げなくなったとき、今と同じように優しい気持ちでいられるのかな?と考えることもあります」

依存していないから「しょうがないか」と言える

2人のような年の差晩婚夫婦の場合、お金よりも心配なことがあると僕は思う。平均寿命を考えると、修さんは弘子さんより何十年も早く先立つ可能性が高いことだ。この点に関しては弘子さんの見通しは暗くない。

「独身時代の女友だちとは今でも仲がいいからです。独身のままの友だちもいて、『いずれはみんなでグループホームを作ろう』とよく話しています。主人が亡くなって独り身に戻ったら、そこに入ればいいだけです」

修さん自身も弘子さんと常に一緒に過ごすことを求めていない。前妻との破たんした結婚生活では、食事はほぼ100%外で済ませて家には寝に帰るだけの「ほぼ独身暮らし」だったからだ。弘子さんが外で元気に働くことを心から喜んでおり、週に2日でも弘子さんの手料理を食べられたら満足している。平日の多くは外食で、それぞれ別々の相手と会食が入る夜も少なくない。ちなみに、今回のインタビューも問題なく夕食時に弘子さんと会うことができた。

「懸念事項は主人の長女ぐらいです。住宅の購入費だけで済めばいいのですが、子どもができたらまた要求してくるかもしれません。そのときはそのときでしょうがないか、と思うようにはしています」

どんなに相性の良い結婚相手との生活でも、肉親などの問題が絡むと納得のいかない局面もある。それでも「しょうがないか」と笑い飛ばすことができるのは、弘子さんが経済面でも人間関係でも修さんに依存していないことが影響していると感じる。いざとなればいつでも一人暮らしに戻れる能力と心構えを夫婦ともに持っていると、お互いを大人として尊重し合える結婚生活が送れるのかもしれない。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。