フェラーリ「SF90 XX」公道最強スペックの最新作 1000馬力級プラグインハイブリッドの超世界観

✎ 1〜 ✎ 141 ✎ 142 ✎ 143 ✎ 最新
拡大
縮小
プラグインハイブリッドパワートレインを搭載して登場したSF90 XX ストラダーレ(写真:Ferrari)

フェラーリが新型モデル「SF90 XX」のストラダーレとスパイダーを、2023年6月29日に発表した。

フェラーリの有名なテストコース「ピスタ・ディ・フィオラノ」でお披露目。サーキット専用車の開発プログラムとして知られる「XX(エックスエックス)」シリーズ(FXX-K Evo)と、スペチアーレシリーズ(488ピスタとか812コンペティチオーネ)を組み合わせたものという。。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

上記2つのプログラムの最大限の“いいとこどり“と、フェラーリ。「(自分たちが培ってきた)レーステクノロジー、空力、それにパワーマネージメントで作りあげつつも、公道を走れる初めてのXXモデル」(プレスリリース)と表現される。

クーペと電動ハードトップをもつスパイダーが設定されるのは「SF90 ストラダーレ」と同様だが、今回は異例なことに同時に発表された。

V型8気筒3990ccリッターエンジンに3基の電気モーター(前に2基、エンジンとギアボックスの間に1基)を組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)パワートレインは、なんと757kW(1030cvとフェラーリ)という最高出力を発揮し、静止から100km/hまでを2.3秒で加速する性能ぶり。

SF90 XX ストラダーレに対し電動ハードトップを持つSF90 XX スパイダー(写真:Ferrari)

それによって頭1つ(あるいは2つか3つ)分、セグメントの中で抜け出そうということか。世界最高のスポーツカーメーカーを標榜するフェラーリの矜持をみせる(私の推測では)プロダクトだ。最高時速は320km/hに達する。

それでいて、ハイブリッド車のため「eドライブ」モードを選択すると、エンジンは停止。モーターだけで前輪を駆動し、25kmの距離を走行、135km/hまでの最高速を得ることができる。

パワーアップ+空力の徹底的な見直しを実施

ベースは、2019年発表のSF90 ストラダーレ。同じ3990ccのV8ツインターボに、3基のモーターを組み合わせた「e-4WD」なる駆動システムをもち、735kW(1000cv)の最高出力を発揮するモデルだ。

SF90 ストラダーレの735kW(1000cv)に対し757kW(1030cv)の最高出力を発揮(写真:Ferrari)

SF90 XXは、エンジンの冷却効率の向上などでパワーアップ(ターボチャージャーなどのハードウェアは同一だそう)。加えて、空力の徹底的な見直し、ギアボックスの制御ロジック変更、そしてドライブトレインへの電子的な制御システムの追加が行われている。

ハイスピードドライビングを実現するための空力設計は、SF90 XXの最重要ポイントの1つ。「空力においてムダなデザインは1ミリもありません」と、開発統括(チーフテクニカルオフィサー)のジャンマリア・フルジェンツィ氏が胸を張って言うほどだ。

次ページあえての「固定式」リアウイングを採用
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT