シャープ「2600億円巨額赤字」に株主の怒り爆発 社長再任への反対票は2022年と比べて倍増

拡大
縮小
シャープ株主総会
出席株主から巨額赤字の責任を追及されたシャープ経営陣(記者撮影)

「大幅な当期純損失、無配を深くお詫び申し上げます。まことに申し訳ございません」――。

6月27日午前10時、シャープの株主総会が始まった。冒頭「おはようございます」と日本語で挨拶した呉柏勲(ご・はくくん)CEOは、経営成績の説明に入る前に業績悪化について陳謝した。

シャープは2023年3月期決算で2608億円もの最終赤字を計上した。直接的な原因は2022年6月に“再”連結化した液晶パネル製造会社、堺ディスプレイプロダクト(SDP)の業績不振だ。これによってディスプレー事業などで総額2205億円の減損損失を計上した。

巨額の最終赤字について株主にどう説明するのか。また、取締役の選任や報酬の増額、ストックオプションの付与などの議案について、株主がどう判断するかが総会の焦点となっていた。

「いったい誰が責任を取るのか」

160人の株主が出席し、昨年の1.5倍となる98分を費やした株主総会は、批判的な質問が拍手を集め、一度終了した質疑を再開せざるをえなくなるなど、張り詰めた空気の中で行われた。なかでも質問が集中したのは、やはりSDPの買い戻しについてだった。

「プロセスがあまりにも不明瞭。買収を決めたのは戴さんと野村さんの時か、それとも呉さんと沖津さんなのか。責任の所在は? いったい誰が責任を取るのか!」(株主)

株主が名前を挙げた「戴さんと野村さん」は前経営トップの2人だ。大株主である鴻海(ホンハイ)精密工業出身の戴正呉(たい・せいご)会長と、シャープのプロパー出身である野村勝明社長のコンビだった。

次ページ下落した株価にも憤りの声
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT