心を動かすプレゼンの技術--人前で話すのが苦手なあなたへ 藤沢晃治著

心を動かすプレゼンの技術--人前で話すのが苦手なあなたへ 藤沢晃治著

ビジネスパ−ソンの関心事の一つは、他者を動かすスキルやテクニックであろう。その代表的手法が「プレゼン」である。「プレゼン」は一般名詞化して、ビジネスコミュニケ−ションの主要な「手段・技術」となった。しかし、ややもすれば提示技術や使用する設備・装置などツ−ルの側面に目を奪われがちである。

プレゼンの本質を整理する必要要があると考えている時、本書に出会った。筆者は「プレゼンの神様」とよばれ、コミュニケーション論に関する多くの著作で知られている。本書ではプレゼン原理からツールテクニック習得まで言及している。

プレゼンの原理は、標題の「心を動かす」に示されるように言葉で人を動かすことにある。人は言葉だけでは動かないが、人を動かすのもまた言葉なのだ。

聴衆を動かす言葉にはプレゼンターのパーソナリティが反映されている。プレゼンターに求められるのは、プレゼン内容のクォリティの高さや流暢さを超えた説得力である。プレゼンの最終目的は「受け手」の行動変容であり、プレゼンとは「説得・納得」のアートなのである。

プレゼンのポイントは、「先ず自分の主張を疑うこと」「視聴者心理を先読みして、根拠を提示」「比喩で効果的に説得」「事例( 事実 )という最強の証拠」。そして、「小心力で洩れを発見」である。

意外にも、気の小さい人こそプレゼンに向くと筆者は言う。なぜなら、気が小さくいつもビクビクしているプレゼンターは、聴衆の視点に敏感だからというのだ。本書はハウツウ本ではなく、コミュニケーション論を真っ向に見据えた「プレゼン哲学書」である。プレゼンをする機会の多い人にはもちろん、そうでない人にもお勧めの1冊だ。

(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

角川 one テ−マ21 724円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT