日米会見、安倍首相を襲った「突風」の悲哀

<動画>「慰安婦問題」について説明中に春風

提供:ロイター(音量にご注意ください)

4月28日(日本時間29日午前1時過ぎ)、ワシントンのホワイトハウスで行われたオバマ大統領と安倍晋三首相の共同記者会見。日米防衛協力のガイドラインの見直しを進めることなど、両国が緊密な同盟関係を強化していくことを強調する会見だった。

記者からの質問は、日米関係だけにとどまらなかった。ボルティモア市で発生した暴動に対する質問があり、それに対し、オバマ大統領は言葉を選んで丁寧に回答をしていた。

会見では、安倍首相が第二次世界大戦中の慰安婦問題について言及する場面もあった。その様子が、このビデオだ。ところが・・・・。1分40秒付近で思わぬハプニングが発生する。すべてのペーパーが突風で吹き飛ばされてしまったのだ。

安倍首相は「いずれにせよ」と言葉を継いだものの、用意してあったすべての内容を最後まで読み上げることはできなかったのかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。