米ボルティモアで「非常事態宣言」

黒人死亡への抗議で市民が暴徒化

 4月27日、米東部メリーランド州ボルティモアで、警察による拘束時に受けた負傷がもとで死亡した黒人男性フレディー・グレーさん(25)の葬儀中に数百人が暴徒化し、店舗からの略奪や建物への放火、投石などで少なくとも警官15人がけがをした。写真は、ボルティモアの衝突で炎上する警察車両、27日撮影(2015年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ボルティモア 27日 ロイター] - 米東部メリーランド州ボルティモアで27日、警察による拘束時に受けた負傷がもとで死亡した黒人男性フレディー・グレーさん(25)の葬儀中に数百人が暴徒化し、店舗からの略奪や建物への放火、投石などで少なくとも警官15人がけがをした。

暴動は葬儀が行われた教会から数ブロック先で発生。州知事が非常事態を宣言し、州兵や消防員が事態収拾に当たった。また、市内では28日夜から成人の夜間外出を禁止する措置も取られた。

グレーさんは12日、犯罪多発地域で警官から逃亡しようとして逮捕。車で移送される途中で脊椎を損傷し、1週間後に亡くなった。司法当局は、人権侵害がなかったかどうか調査するという。

米国では昨年、ミズーリ州ファーガソンで白人警察官が丸腰の黒人青年を射殺した事件以来、抗議活動が暴徒化するケースが多発している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。