なぜあの新興企業には人が集まるのか?

知名度がない企業が、採用で勝つ仕掛け

と、業歴30年以上の会社だけを選んで「会社研究」をしていました。つい、新興系企業に関して誤解をしているのでは?と言いたくなりましたが、そうともいえないデータもあります。

東京商工リサーチの調査によると、企業倒産件数は業歴10年以下の企業と老舗(レガシー系)企業で比較すると、圧倒的に業歴10年以下が高くなっています。時折、老舗の倒産がニュースになりますが、働く立場から考えれば業歴の短い会社で働くことはリスクが高いとも言えます。

ゆえに新興系企業は採用で苦労するのです。こうした事実を何となく学生たちも知っているのかもしれません。

採用で勝つ、新興企業は何をしている?

では、新興系企業がレガシー企業に負けないようにすることは可能か? 簡単なことではありませんが、会社の採用上のブランド力=採用ブランドを高めた新興系企業は、何社もあります。いくつかケースを紹介しましょう。

たとえば、採用ブランドに関する専門企業であるパラドックス社の支援により、大学生が就職したい人気企業ランキングの上位に上昇したブライダル企業があります。現在では国内外のブライダル事業から、ホテル経営にまで領域を広げつつあるPlan・Do・See社です。

当方が起業家を取材した情報誌アントレ(リクルートキャリア)の編集長時代に、同社の代表である野田豊加氏とは取材で何回もお会いしたことがありますが、創業間もない時期には採用に苦労したこともあったようです。ところが、専門家にアドバイスを仰ぎながら、新興系企業の特徴である

・経営との距離の近さ

・労使が納得するまで話し合って決める目標管理制度

などに加えて、人材育成に対する投資などにも果敢に取り組む姿勢を、採用機会にアピールするキャッチコピーを作成。そのキャッチを生かした採用ツールで、レガシー企業に負けない採用力を持つ企業になりました。

年度によっては人気の商社や広告代理店、航空会社と肩を並べて学生の人気企業ランキングに登場するくらいになっています。ある意味、差別化に十分、成功していると言えます。

次ページVOYAGE GROUP社のケース
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT