放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

文部科学省のまとめによると、関東各地の放射線量は減少している。4月9日は各地で雨が降ったため、大気中の放射性物質の地上への降下が想定されるが、それによる放射線量の増加はほぼ見られない。
 
 3月15日の福島第一原発2号機の爆発による放射性物質の大量放出以降は、新たに大量の放射性物質の放出はないようだ。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。