放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

印刷
A
A
放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

文部科学省のまとめによると、関東各地の放射線量は減少している。4月9日は各地で雨が降ったため、大気中の放射性物質の地上への降下が想定されるが、それによる放射線量の増加はほぼ見られない。
 
 3月15日の福島第一原発2号機の爆発による放射性物質の大量放出以降は、新たに大量の放射性物質の放出はないようだ。
 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT