放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

文部科学省のまとめによると、関東各地の放射線量は減少している。4月9日は各地で雨が降ったため、大気中の放射性物質の地上への降下が想定されるが、それによる放射線量の増加はほぼ見られない。
 
 3月15日の福島第一原発2号機の爆発による放射性物質の大量放出以降は、新たに大量の放射性物質の放出はないようだ。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。