池袋西武への出店にこだわるヨドバシの深慮遠謀 ビックと全面対決で塗り変わる家電量販地図

拡大
縮小
札幌駅前の札幌西武ロフト館跡地
ヨドバシカメラの複合ビルの建設が予定されている、札幌西武ロフト館跡地(撮影:権藤 泉)
業績は絶好調のセブン&アイ。しかし物言う株主から揺さぶられて袋小路から抜け出せない。『週刊東洋経済5月15日(月)発売号では「漂流するセブン&アイ」を特集。イトーヨーカ堂の改革やそごう・西武売却の舞台裏を徹底取材、なぜ構造改革を進められないのかその理由を探る。
週刊東洋経済 2023年5/20号[雑誌](漂流するセブン&アイ)
『週刊東洋経済 2023年5/20号[雑誌](漂流するセブン&アイ)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

北海道の陸の玄関口、JR札幌駅。観光名所の札幌市時計台や大通公園に向かう南口を出ると、駅前の一等地に駐車場が広がっている。

ここは、今から10年以上前に閉店した「西武百貨店札幌店(札幌西武)」があった場所。その昔は札幌最古の百貨店「五番館」の名で親しまれ、赤れんが造りの洋館は駅前のランドマーク的存在だった。

だが、そんな駅前の景観も、そう遠くない未来に変わることになる。2011年にこの土地を取得した家電量販大手ヨドバシホールディングスの主導で、28年度には地上200メートルの高層ビルが建設されるからだ。

時間を要してでも周辺の土地を1つに

1万7000平方メートルのこの土地には、地下6階・地上35階建てのビルが建てられ、ヨドバシカメラの店舗をはじめオフィスやホテルが入居する予定だ。

「かつての札幌西武は互い違いに建てられた2つの館からなり、建物の使い勝手はあまりよくなかった。そのためヨドバシは時間を要してでも周辺の土地を1つにまとめ、巨大なビルを建設できる再開発を選んだのではないか」と関係者は指摘する。

ヨドバシが駅前の百貨店跡地への出店を狙っているのは札幌だけではない。というのも、セブン&アイ・ホールディングスが売却を進めているそごう・西武の最大店舗、西武池袋本店(池袋西武)への出店をもくろんでいるからだ。

次ページ池袋西武の「顔」である低層階への出店を主張
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT