西武百貨店の元社長が憂う混迷の売却劇の行く末 セブン&アイの売却交渉は「甚だ疑問がある」

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
印刷
A
A

1990年代に旧・西武百貨店の社長を務めた水野誠一氏。セブン&アイが進めるそごう・西武の売却について「社長を務めた者の責任として、おかしな最後にはしたくない」と、危機感をあらわにする。

旧・西武百貨店の社長を務めた水野氏。セブン&アイが目下進めるそごう・西武の売却について「やっていることがちぐはぐだ」と疑問視する(撮影:今井康一)

特集「そごう西武 混沌の売却」の他の記事を読む

セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武売却をめぐっては、アメリカの投資ファンドに優先交渉権が付与されたものの、交渉がまとまらず混迷を極めている(詳細はこちら)。
1990年代に旧・西武百貨店で社長を務めた水野誠一氏は、「買収の目的が百貨店の再建ではなく不動産案件になっている」と疑問を呈する。今回の売却劇について、「おかしな最後にしたくない」と水野氏が危機感を強めているのはなぜなのか。

セブン&アイと証券会社の進め方に疑問

──旧・西武百貨店の社長を務めた水野さんの目から見て、今回のそごう・西武の売却はどのように映っていますか。

西武百貨店を去ってからかなりの時間が経過しているが、その間セブン&アイ・ホールディングス(以下セブン&アイ)傘下でお世話になり、面倒を見ていただいたことについて大変感謝している。今回、セブン&アイがそごう・西武を売却する方針を固め、入札という方法で新しいパートナーを決めるという手法についても正しい判断だと思う。

だが売却をめぐる過程には、さまざまな問題点を感じている。

次ページ混乱は必至だろう
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内