超一流は、結果が出なくても「頑張らない」

ACミラン本田圭佑が逆境に慌てない理由

結果が出る、出ないにかかわらず、目の前の仕事に真剣に臨んでいるならば、大切なのはそれ以上にがんばろうとすることではありません。むしろ初志貫徹でやり続けることです。

筆者は、多くの一流になりきれなかった選手もたくさん見ていますが、そんな選手は、あるときはがんばりすぎたり、逆にあるときはがんばれなかったりと不安定です。

大股で1歩進むと、次の2歩目は苦しくなります。

2歩目を安定して出すためには、半歩ずつ確実に出したほうがいい。大股で次の1歩が踏み出せなくなるくらいなら、半歩を刻んで、やり続けるほうがいい。そのほうがはるか先にまで行くことができます。それを一流は理解しています。

「ギャンブラーに金持ちはいない」

ギャンブルの世界は、浮き沈みが激しい世界ですが、派手に儲けても、たった1回の負けですべてを失ってしまう人がいます。派手な勝負師ほど、金持ちであり続けることはほとんどありません。ギャンブルを職業としているプロのギャンブラーこそコツコツと確率をベースに、地道に判断しています。やり続けることの難しさは、あなたも十分に経験しているのでおわかりでしょう。

「本田選手がどうやって逆境を乗り越えたのだろう」という質問自体、視点が違うことに気づいてもらえたでしょうか。

「たった5分の価値」に気づけるか

「結果が出ないときは頑張らない」

そんなことを言うと、誤解する人がいるかもしれません。しかし、ピンチのときには、がんばってはいけないのです。大切なのは、コツコツと「半歩」をやり続けることです。あるときだけむきになってめちゃくちゃがんばるよりも、小さく続けることのほうが大切だと理解しなければいけません。これはなかなか難しいものです。

精神的に成熟していない選手に見られるのは、がんばるときはめちゃくちゃがんばるのですが、少しうまくいかなくなると「ああ、もうダメだ。やめた」となってしまうことです。これではせっかくすばらしい才能があっても、いいときはいいけれど、ダメなときはダメという選手になってしまいます。

ムラがあるということは、サッカー選手にとっては、大変な問題点です。

次ページどんな条件下でも力を発揮できること
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。