デフレギャップは解消、もう原発は造れない--『知らないと恥をかく世界の大問題2』を書いた池上彰氏(ジャーナリスト)に聞く

デフレギャップは解消、もう原発は造れない--『知らないと恥をかく世界の大問題2』を書いた池上彰氏(ジャーナリスト)に聞く

「大きく変わる世界の潮流を読む」(第7章のタイトル)はずが、その視座である足元の日本が大きく揺らいだ。わかりやすさが魅力の「池上解説」で、これからの日本を、世界を読み解く。

──3月11日の地震にはどこで遭遇しましたか。

米国から帰国の飛行機の中。成田空港が閉鎖されたので上空で待機するとアナウンスがあり、しばらく旋回飛行した後、羽田に降りた。帰宅には車で5時間半かかった。2万冊の蔵書が崩れて、仕事場は手のつけられない状態だった。

──大震災のインパクトは?

大まかに言って二つに集約される。これだけの大きな被害が出たことによって、日本はデフレから脱出する。これまでは供給に対して需要が追いつかないデフレだった。今回、供給能力が大きく失われ、その一方で、買いだめが起こった。また復興需要もある。デフレギャップは一挙に解消して、インフレになっていくと考えたほうがいい。

東北の太平洋沿岸は、終戦直後の経済段階に戻った。66年前に焼け野原からここまでやってきた。その時代からやり直すことになる。

──もう一つとは?

厄介なのが破壊された原子力発電所だ。なお刻々事態が変化しているので、少なくともこの事態が収まらないかぎりは、復興も何もあったものではない。

この際、放射線が収まった以降の視点で考える。日本はこれから原子力で売っていこうとしていたが、そのビジネスは全部止まってしまう。それどころか、もう日本国内で新しい原発は造れないだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT