デフレギャップは解消、もう原発は造れない--『知らないと恥をかく世界の大問題2』を書いた池上彰氏(ジャーナリスト)に聞く

デフレギャップは解消、もう原発は造れない--『知らないと恥をかく世界の大問題2』を書いた池上彰氏(ジャーナリスト)に聞く

「大きく変わる世界の潮流を読む」(第7章のタイトル)はずが、その視座である足元の日本が大きく揺らいだ。わかりやすさが魅力の「池上解説」で、これからの日本を、世界を読み解く。

──3月11日の地震にはどこで遭遇しましたか。

米国から帰国の飛行機の中。成田空港が閉鎖されたので上空で待機するとアナウンスがあり、しばらく旋回飛行した後、羽田に降りた。帰宅には車で5時間半かかった。2万冊の蔵書が崩れて、仕事場は手のつけられない状態だった。

──大震災のインパクトは?

大まかに言って二つに集約される。これだけの大きな被害が出たことによって、日本はデフレから脱出する。これまでは供給に対して需要が追いつかないデフレだった。今回、供給能力が大きく失われ、その一方で、買いだめが起こった。また復興需要もある。デフレギャップは一挙に解消して、インフレになっていくと考えたほうがいい。

東北の太平洋沿岸は、終戦直後の経済段階に戻った。66年前に焼け野原からここまでやってきた。その時代からやり直すことになる。

──もう一つとは?

厄介なのが破壊された原子力発電所だ。なお刻々事態が変化しているので、少なくともこの事態が収まらないかぎりは、復興も何もあったものではない。

この際、放射線が収まった以降の視点で考える。日本はこれから原子力で売っていこうとしていたが、そのビジネスは全部止まってしまう。それどころか、もう日本国内で新しい原発は造れないだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT