リーダーとは自分から先にケツを出すことだ 「ジヌよさらば」の松尾スズキ監督に聞く

✎ 1〜 ✎ 71 ✎ 72 ✎ 73 ✎ 最新
印刷
A
A
©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会

映画の中でも神さまが村に一人、現人神としてへらへら歩いてるみたいなことがあるんですが、そういうリアルの中に非日常を混ぜ込むという作り方は、僕も同じ。是非ともやってみたいと思いました。

――長編の映画監督作としては今回で3本目になると思いますが。松尾さんにとって、映画監督の仕事は、舞台の仕事などと比べるとどういう位置づけなのでしょうか?

やはり大きな仕事だと思います。映画監督というものはすごくズッシリとした重みがあります。たとえば、1年のうちで映画を撮ることが決まると、準備とかいろんなことがすごく大変。しかもシナリオを全部書いて、準備期間があって、撮影に入る。撮影が終わっても取材があるわけですから。生半可な気持ちではいたくないというのはありますね。みんなを引っ張っていかなくてはならないわけですから。自分の中にはないリーダーシップというものが無理やり引きずり出されるわけです。

「自分が率先してやるしかない」

――「自分の中にはない」とは言いつつも、大人計画を主宰する松尾さんは、非常に個性的なメンバーをずっと率いています。松尾さんが考えるリーダー論とは?

松尾スズキ(まつおすずき)●1962年生まれ。「大人計画」主宰。劇作家、演出家、俳優、コラムニスト、エッセイスト、小説家、映画監督、脚本家など様々な顔を持つクリエイター。88年「大人計画」を旗揚げ。97年舞台「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞、08年『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。作・演出・主演の舞台、日本総合悲劇協会vol.5「不倫探偵~最期の過ち~」が5月29日~6月28日下北沢本多劇場、7月1~5日大阪サンケイホールブリーゼにて上演 (©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会)

自分から先にケツを出すことだと思うんですよね。うちの俳優って、よくケツを出してるんです。だから自分が率先して恥をかかないと、その道は通ってくれない。僕にリーダーシップがあるとしたら、自分から率先してやるということしかないですね。

――それは舞台演出だけでなく、映画監督の時などの時も?

そうですね。映画だと自分が出ない作品もありますが、大概の作品では自分も俳優として出演しています。出るとなると自分が思うこの映画なり芝居なりにおける肉体はこういうものだ、ということを現場の俳優に提示して見せることが重要になってきます。

次ページおカネについてはどう考える?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT