サブウェイの「360円モーニング」で覚えた悲しさ 値段・ボリューム・おいしさは大満足、ただし…

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
サブウェイのモーニング「朝サブ」。サンドイッチとドリンクSのセットで税込360円から(写真:著者撮影)
この記事の画像を見る(12枚)
喫茶店やレストランが、朝の時間帯にドリンクやトーストなどのメニューを割安価格で提供するモーニングサービス。名古屋の喫茶店が始めた文化とされていますが、最近では大手外食チェーンも数多く提供しています。
そんなチェーン店の外食モーニングをこよなく愛するブロガー、大木奈ハル子さんがお届けする本連載。第9回となる今回、訪れたのは「サブウェイ」です。

飲食チェーンが密かにしのぎを削っているジャンル、それが「モーニング」です。集客の弱い時間帯である午前中の売り上げを強化すべく、朝の数時間だけ提供される限定メニューは、コスパ抜群かつ店の特色が強く表れ、どれも魅力にあふれています。

今回はサンドイッチのファストフードチェーン「サブウェイ」の朝メニュー「朝サブ」のなかから、「たまご&ベーコン ドリンクSセット」をレポートします。

サブウェイの朝メニュー「たまご&ベーコン ドリンクSセット」360円

サブウェイの朝メニュー「たまご&ベーコン ドリンクSセット」360円。朝食にぴったりの小さめが嬉しいハーフサイズのサンドイッチ(写真:著者撮影)

サブウェイの朝メニュー「朝サブ」を提供しているのは。公式サイトによると日本国内で45店舗。提供時間はオープンから10時30分までです。

「たまご&ベーコン ドリンクSセット」の価格は税込360円で、セット内容は、

・たまご&ベーコンのサンドイッチ(ハーフサイズ)
・ドリンクS

です。

次ページハーフサイズでも具材ぎっしり、ボリュームは相当なもの
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT