見城徹×藤田晋「仕事と人生に効く」熱狂対談

圧倒的努力を積み重ねろ、おごり高ぶるな!

『運を支配する』(幻冬舎新書)は3月20日発売(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

見城:藤田君が今度出す『運を支配する』(幻冬舎新書)に書いていることでも、一貫しているのは「水を張った洗面器から先に顔を上げたやつが負ける」ということ。それは忍耐と通じるよね。

藤田:顔を上げたらそこでゲームオーバー。

見城:仕事って、どれだけ我慢に我慢を重ねてやり切れるか。簡単に正面突破なんかできないし、正面突破はできる、できないじゃなくて、やるか、やらないかだけなんだよ。どんなに苦労してでも正面突破してやろうと決意した人が、横道に逃げないで、自分に言い訳をしないで、耐えて、耐えてジリジリと匍匐(ほふく)前進して、ようやく100分の1ぐらいの確率で正面突破できる。

藤田:幻冬舎という会社自体が、正面突破しましたよね。新しい市場があるわけでもないなかで、尋常じゃない努力でもしない限りは今の地位を築けなかったと思います。見城さんは「売れる本を作る」という極めてシンプルなことに正面突破をし続けて来たということですよね。

正面突破するためには、圧倒的努力しかない

見城:正面突破するためには、圧倒的努力をせざるを得ないんです。例えば、2カ月半後に松本清張に会えることになったとする。清張には250冊の作品がある。恐らく、ちゃんと時間を取ってはくれませんよ。その時に、15分ぐらいで「こいつと仕事してもいいな」と思わせるためには、やるべきことから逃げちゃダメでしょう。僕は2カ月半の間に250冊を読んで、清張が何を言っても全てに応えられるようにしたい。それが圧倒的努力です。

もし2カ月半をかけて250冊読み切ったならば、ものすごく晴れ晴れしい気持ちで原稿を頼みに行けるよね。もちろん圧倒的努力をしても結果が出なきゃダメ。だけど『運を支配する』で桜井さんと藤田が「ゾーン」と呼ぶ状態に脳が入れば、自分でも思ってもみない結果が出ると思う。

藤田:自分の欲が取れて、肩の力が抜けている無我の境地のような状態ですね。

藤田 晋(ふじた すすむ)●サイバーエージェント代表取締役社長。2014年末に「麻雀最強位」タイトルを獲得。1973年福井県生まれ。97年、青山学院大学卒業後、人材会社の株式会社インテリジェンスに入社。98年にサイバーエージェントを設立、代表取締役社長に就任。2000年に史上最年少(当時)の26歳で東証マザーズ上場後、2014年には東証一部へ市場変更。『起業家』『渋谷ではたらく社長の告白』(ともに幻冬舎)など著書多数

見城:今思うと、これまでうまくいった仕事は、ことごとく圧倒的努力によってゾーンに入っていたんだよね。五木寛之さんと仕事をしたくて、どんな長い書下ろしでもエッセイでも対談でも、とにかく世に出て5日以内に感想文を送ろう、しかも新しい発見と刺激を与えられるような内容にしたいと決めて、僕はそれを25通やったよ。これもゾーンだと思う。それが『大河の一滴』という270万部売れた作品に結実するわけです。

藤田:LINEに勝つのはもう無理だって僕らも思い込んでいたけど、755も圧倒的努力をすれば正面突破できる可能性があると感じました。

次ページ35位の人は努力も35番目
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT