5代目プリウス「7年ぶり全面改良」に見えた超進化 「Hybrid Reborn」をかかげ冬に正式発表へ

✎ 1〜 ✎ 115 ✎ 116 ✎ 117 ✎ 最新
拡大
縮小
2022年11月16日、世界初公開された5代目「プリウス」(写真:トヨタ自動車)

このデザイン、たしかに「プリウス」だとわかる。しかし、大きく傾斜したフロントガラスや「クラウン クロスオーバー」以上に細く鋭いヘッドライトは、まるでデザイナーが最初に描いたイメージスケッチのよう。市販車、しかも量販4ドア車として考えると、“攻めすぎ”なのではないか――。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2022年11月16日、5世代目となる新型「プリウス」が、世界初公開された。

「クラウン クロスオーバー」や「ヴォクシー」をはじめ、ここ最近のトヨタ車は攻めたデザインを採用している。それらと比較しても、この新型プリウスは前衛的だ。トヨタは、この新型プリウスについて、次のように語る。

「『次の25年もお客様に愛され続けるために、プリウスはどうあるべきか。』開発チームはプリウスのあり方をゼロから考えました。プリウス自身が生まれ変わり、そしてもっとハイブリッドの魅力を知っていただきたいという想いで生み出されたコンセプトが『Hybrid Reborn』です」

「この方向性」を選んだワケ

「プリウスはどうあるべきか」。この問いを考えるには、プリウスの歴史を振り返ってみる必要がある。

プリウスは、1997年に“世界初の量産ハイブリッド車”として登場した、ハイブリッド車のパイオニアだ。日本はもとより、世界でも大きな存在感を放ってきたトヨタの代表モデルの1つで、日本国内では3代目が発売された2009年から4年連続、4代目となった2016年からも2年連続で「乗用車販売台数ナンバーワン」を記録している。

後方からのシルエットはたしかに「プリウス」らしいもの(写真:トヨタ自動車)

しかし、コンパクトカーからSUV、ミニバンまで、あらゆる車種にハイブリッド仕様が展開されるようになり、ここ数年は鳴りを潜めてたのも事実。「唯一無二のハイブリッド車」だったのが、「数あるハイブリッド車の中の1つ」になった今、「プリウスはどうあるべきか」トヨタ開発陣が頭を悩ませたことは、容易に想像できる。

進化の方向性は、他にもあっただろう。「プレミオ」や「マークX」の生産が終了した今、セダンらしいスタイリングをする方法もあっただろうし、時流に乗ってクラウンのようにクロスオーバー化する手法もあったはず。しかし、その中でトヨタ開発陣が選んだのは、“プリウスらしさの継承”だった。

次ページ伝統のモノフォルムシルエット
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT