全国から注文が殺到する「フクイのカレー」の秘密 注文は電話かメール、手書きのお礼状が同封

拡大
縮小
元プロボクサー、福井英史さんが作るフクイのカレーの「ポークカレー」2人前で1080円(筆者撮影)

メディアに広告を一切出さず、HPもない。TwitterとFacebook、ブログはあるものの、そこには商品のことよりも日常の出来事が綴られている。にもかかわらず、全国から注文が殺到しているカレーがある。

その名も「フクイのカレー」。時季によって商品のラインナップは異なるが、現在販売しているのは、鶏の手羽元が入ったフクイのカレー2022(450グラム)と、ポークカレー(400グラム)、フクイのカレー辛口(400グラム)の3種類。いずれも2人前で価格は1080円。

作っているのは、元プロボクサー

作っているのは、愛知県豊橋市在住の元プロボクサー、福井英史さん。筆者はTwitterで福井さんとカレーの存在を知った。短い文章から伝わってくる福井さんの人柄とカレーに興味を持ち、どうしても食べたくなった。ブログに記されているメールアドレスに連絡をすると、すぐに返事が来た。

そこには注文のお礼と、クール便の送料や代引手数料を含めた金額が丁寧に綴られていた。また、商品は4〜5日後に発送するとのこと。Amazonプライムや楽天のあす楽のように、注文してすぐ届くわけではない。とくに急いではいないし、逆に待つ楽しみも味わえるというものだ。

新聞の折込チラシに丁寧に梱包されたカレー(筆者撮影)

発送の連絡があったのは、注文してから5日後。届く時間帯を指定していたため、到着は翌々日となった。箱を開封すると、カレーは1つずつ丁寧に梱包されていた。ん? よく見ると、商品を包んでいるのは新聞の折込チラシである。カレーは冷凍されているのに、なぜか手作りの温かみが伝わってくる。

次ページカレーとは別に包みが入っていた
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT