小田急、列車「追いかけっこ」レア企画なぜできた? ファン向け貸し切り列車、複々線をフル活用

拡大
縮小
小田急、赤い1000形とVSE
小田急小田原線で「追いかけっこ」を繰り広げた後、車両基地で並んだ赤い1000形とロマンスカーVSE(記者撮影)
この記事の画像を見る(50枚)

鉄道各社が貸し切り列車のツアーに力を入れている。小田急電鉄は車両だけでなく、複々線を最大限に活用した“レア企画”で他社に差を付ける。9月下旬の3連休には「夢の紅白追いかけっこリレー!」と題した特別企画を実施した。いったいどんなツアーだったのか。

赤い1000形とVSEが共演

紅白の「紅」は箱根登山線(小田原―箱根湯本間)で活躍した「赤い1000形」、一方の「白」は2022年3月に定期運行から退いたロマンスカーVSE(50000形)。箱根観光で親しまれていた両者の共演を再現した。

新宿から小田原まで行程の詳細を明かさないミステリーツアーで、参加費は乗車のみの「ライト行路」が1万900円、車両基地での撮影会をプラスした「がっつり行路」が昼食付きで1万3900円。途中駅で互いに列車を乗り換えるため、赤い1000形とVSE、両方の乗車を楽しめるようになっている。各日計220人を募集した。

ツアー当日朝、参加者は新宿駅に集合。ライト行路は小さな子供の姿が目立ったが、がっつり行路は中学生以上限定のため思い入れが強いファンが多い印象で、双方合わせて幅広い客層が参加した。まず、赤い1000形が特急ロマンスカーが発着するホームから出発、その後しばらくしてVSEが地下のホームから発車した。

新宿駅停車中の赤い1000形
新宿駅の普段ロマンスカーが発着するホームに入った赤い1000形。4両編成で同駅に入線するのは初めてだ(記者撮影)
次ページ複々線区間で並走
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT