愛知の「激安うなぎ屋」特上鰻丼が2300円の秘密 「うなぎの与助」生の鰻を仕入れて店で串打ち

拡大
縮小
愛知県の郊外に展開する「うなぎの与助」では、ガスと炭火を併用した強い火力でうなぎを焼き上げる(筆者撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

毎年のように値段が上がり続けているうなぎ。すっかり足が遠のいてしまったのは、きっと筆者だけではあるまい。その反面、筆者が暮らしている名古屋では、4、5年前からうなぎ屋のオープンが続いている。

とくに顕著なのは、名古屋駅前や栄の繁華街。出張や観光で訪れた客は「せっかく名古屋へ来たのだから」と、どうしても財布の紐が緩くなり、5000円近くもするひつまぶしが飛ぶように売れるのである。

うなぎ一尾が丸ごと入って「2300円」

都市部ではすでに飽和状態にある中、激安を謳う店が続々と開店している。うなぎを一尾丸ごと使った「特上」のうな丼やひつまぶしは2200円前後と、市価の約半額。なぜ、そこまで安い値段で提供することができるのだろうか。いわゆる“安かろう悪かろう”ではないのか。さまざまな疑問が浮かぶ。

そんなモヤモヤを解消すべく、筆者は激安のうなぎ屋を食べ歩いた。その中で群を抜いて美味しかったのは、愛知県の郊外に展開する「うなぎの与助」だった。

うなぎの与助「ひつまぶし(特上)」2300円(筆者撮影)

いちばんお値打ちなうなぎ2分の1尾分がのる「うな丼(にぶいち)」は1200円。一尾分がのる「うな丼(いちまる)」は2200円。「ひつまぶし(特上)」は2300円。お吸い物は別売り(100円※肝吸いは200円)となるが、それでも十分安い。

「当店は生のうなぎを仕入れて、店で割きも串打ちもしています。うなぎは外国産を使うこともありますが、厳しい基準をクリアしたものを使用しておりますので安心してお召し上がりいただけます」と話すのは、「うなぎの与助」の代表を務める松井歓さんだ。

次ページ加工品を使用する店にとって最大のメリット
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT