英国王室が「手数料資本主義」の象徴である理由 「密輸」「タックスヘイブン」「王室属領」の帝国

拡大
縮小

王室属領は、内政に関してイギリスから独立し、独自の議会を有しているとしても、君主がイギリス国王である以上、イギリスの利害と大きな関係があることは容易に推察されよう。したがってイギリス国王はその地位を、自らのためにも、そしてイギリスの利益のためにも使用することができる。イギリス議会は、国王を通じてタックスヘイブンを利用しているととらえられる。

タックスヘイブンを通してイギリスの国家と王室の関係を見れば、このようにまとめることも可能なのである。イギリスの国家と王室は、じつに微妙なバランスの上に存在しているのだ。しかももしタックスヘイブンがスコットランドとアイルランドにも利益を提供できれば、この二地域が「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」の一部として機能することにより、大きな利益を得ることができるかもしれないのだ。

とすれば、イギリス王室がイギリス国家にとってどのようなプラスの効果をもたらしているのか、わかっていただけるものと思われる。

イギリスの国葬と金融の関係

2022年9月19日のイギリス国葬では、新国王チャールズ3世は軍服を着ていた。これは、百年戦争以降敗戦を知らないイギリスが、19世紀に世界を武力で支配したことを象徴する光景であった。

イギリスは、ある面で賢明なことに、国王が統治するけれども、イギリスという国には属さない地域を海外にもっている。それは、イギリスという国の利害関係にまきこまれながらも、なお自立しているばかりか、コモンウェルスにも属していない地域である。そのような地域がタックスヘイブンであるという事実こそ、イギリスの特質の一面を表しているといえよう。

先日のイギリスの国葬は、王室属領の君主が替わったことを示す儀式でもあった。イギリスの国制は非常に複雑であり、それが旧植民地だけではなく、世界の経済、とくに金融に大きな影響を与えていることを、私たちは認識すべきである。

イギリス王室とは、コミッション・キャピタリズムの象徴なのである。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT