VW「ポロ」14万円高の「ゴルフ」でも出せない価値 最新モデルに試乗、純内燃機関ラストになるか?

✎ 1〜 ✎ 95 ✎ 96 ✎ 97 ✎ 最新
拡大
縮小
フォルクスワーゲン「ポロ」
フォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」最新型に試乗した(筆者撮影)
この記事の画像を見る(17枚)

この先、車両に対する何らかの電動化は避けられない。その意味で、今年6月にマイナーチェンジモデルの日本販売を開始したフォルクスワーゲンのコンパクトハッチバックモデル「ポロ」は、シリーズにおいて純内燃機関の最終モデルになるのではないか。

内燃機関の新型車販売を禁止する動きのなかで、とりわけ欧州ではHV(ハイブリッド車)による電動化、さらにはBEV(電気自動車)化への動きが活発であることは周知の通り。フォルクスワーゲンのBEV戦略では2019年末に欧州での販売を開始した「ID.3」を筆頭に、「ID.4」「ID.5」とボディタイプを矢継ぎ早に追加する。さらに先頃ドイツでは、往年のタイプⅡをオマージュした「ID. Buzz」をデビューさせID.シリーズの増強を急ぐ。

世界各国で2035年とも2040年ともいわれる禁止策の模索や、反対に部分的な撤回が示唆されるなかで、そうはいってもマイルドハイブリッドシステムすら組み合わせない内燃機関は肩身が狭くなる。規制もさることながら、実際の交通環境における走行性能や燃費数値において不利だからだ。

直噴ターボ、FFの組み合わせ

今回は、マイナーチェンジを行った新型ポロに箱根(神奈川県)の山中で試乗した。直列3気筒999cc直噴ターボエンジン(95PS/17.9kgf・m)に、7速のデュアルクラッチトランスミッションであるDSGを組み合わせ、駆動方式はFF(前輪駆動)方式のみ。マイルドハイブリッドシステムは搭載していない。

フォルクスワーゲン「ポロ」
試乗した新型ポロ「TSIスタイル」(筆者撮影)

ボディの全長はわずかに4mを超えた4085mm、全幅は1750mmに抑えつつ、全高は1450mmだから非常にコンパクトだ。都市部の立体駐車場でも場所を選ばないが、安全性能に抜かりはなく「ユーロNCAP」(日本とJNCAPと同水準)では最高ランクのファイブスターを得ている。

次ページ新型ポロの内外装はゴルフ8の要素を部分的に採り入れた
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT