無印良品、強さの秘密はどこにあるのか

「Bisa(微差)」を「微差力」に高める

良品計画では半年に1度、改善提案活動の表彰式を行っています。それによって現場の士気を高く保ち、この活動を10年以上も続けてきています。

改善提案活動自体を行っている企業はたくさんありますが、うまく成果を上げられていない企業のほうが多い。その違いは、「褒める」仕組みも含め、取り組みを支える「土台」があるかどうかだと私は考えています。

詳しくは『現場論』に書きましたが、改善を根付かせ、定着させるには、「阻害要因の除去」「学習」「競争」「報酬」の4要素が欠かせません。

たとえば、改善提案活動を始めると「(提案を)書く時間がない」とか「提案しても採用されない」などの不満がつねに生まれます。それらは、取り組みの阻害要因になりやすいので、現場のリーダーが中心になって取り除く必要があります。

こうした「土台」がないと、似たような活動を始めたとしても、大きな成果は望めません。それは企業の部署単位での業務改善でも同じ。

改善を定着させ、競争力に高めたいと思っている人は、ぜひ『現場論』を参考にしてください。

「微差力」がイノベーションを生み出す

プリウスなどのハイブリッド車は、日本が生んだイノベーションとして世界的に認知されています。しかし、実際はトヨタの十八番である、改善という「Bisa」を積み重ねてきた結果にほかなりません。

イノベーションを実現するには、高い目標、不連続の目標を設定することが不可欠ですが、その実現のプロセスで行われていることは、「Bisa」の蓄積です。たぐいまれな「微差力」があるからこそ、トヨタはハイブリッド車というイノベーションをリードしているのです。

これこそが「日本型イノベーション」です。現場の「小さな気づき」「改善・改良(Bisa)」を活かすことこそが、日本発のイノベーションにつながるのです。

次回は、「現場の声」(VOG、Vocie of Gemba)から革新的サービスを生み出すヤマト運輸の取り組みについて紹介します。楽しみにお待ちください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT