家で死にたいけど迷惑になる「母と娘」最期の3日間 漫画「おうちに帰ろう」第7話

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
最期をおうちで迎えたい患者さんと、希望をかなえたいけれど自宅で看取るのは難しいと思う家族――

亡くなるときは、病院で苦しみながらでなく、できれば住み慣れた場所で、自分の好きなように、楽に後悔せずに逝きたい――。そう願う人も多いのではないでしょうか。

ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう
『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう』(主婦の友社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

愛媛県で在宅医療を始めて20年のたんぽぽ先生こと永井先生とスタッフは、患者さんと家族に寄り添い、一緒に悩みながら、最期までどう過ごすかを、つねに考えているといいます。

そんな患者さんとの実話、『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』に続く、第2弾『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう』。今回は、新しい研修医2名も加わり、多職種のスタッフが連携する在宅医療について、実際のエピソードのマンガとともに深めていきます。

本稿では同書から一部を抜粋しお届けします。今回は「おうちで死にたいけど、娘に迷惑はかけたくない」というお母さんと「仕事と介護」の両立に悩む娘さんが、たんぽぽ先生らの力を借りて最期は満足いく看取りをすることが叶うお話しです。現役世代で日々忙しくしている人にとって、介護と仕事のバランスについて考えさせられます。

この記事の漫画を読む(11ページ)
永井 康徳 医療法人ゆうの森理事長 たんぽぽクリニック医師

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ながい やすのり / Yasunori Nagai

2000年に愛媛県松山市で在宅医療専門クリニックを開業。職員3人、患者ゼロからスタートする。「理念」「システム」「人財」において、高いレベルを維持することで在宅医療の「質を高めること」を目指してきた。現在は職員数約100人となり、多職種のチームで協働して行う在宅医療を主体に入院、外来診療も行う。2012年には市町村合併の余波で廃止となった人口1100人の町の公立診療所を民間移譲した。このへき地医療への取り組みで、2016年に第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞を受賞。全国での講演会や専門職向けの研修会など、在宅医療の普及に積極的に取り組んでいる。

この著者の記事一覧はこちら
ミューズワーク (ねこまき)

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

2002年より名古屋を拠点にイラストレーターとして活動を開始。コミックエッセイをはじめ、犬や猫のゆるキャラマンガ、広告イラストや、アニメも手がけている。ねこまきとの共著に70万部超の大ヒット「ねことじいちゃん」シリーズ(KADOKAWA)や、心がほっこりする「トラとミケ」シリーズ(小学館)など人気作品が多数ある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT