家で死にたいけど迷惑になる「母と娘」最期の3日間 漫画「おうちに帰ろう」第7話

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
最期をおうちで迎えたい患者さんと、希望をかなえたいけれど自宅で看取るのは難しいと思う家族――

亡くなるときは、病院で苦しみながらでなく、できれば住み慣れた場所で、自分の好きなように、楽に後悔せずに逝きたい――。そう願う人も多いのではないでしょうか。

ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう
『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう』(主婦の友社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

愛媛県で在宅医療を始めて20年のたんぽぽ先生こと永井先生とスタッフは、患者さんと家族に寄り添い、一緒に悩みながら、最期までどう過ごすかを、つねに考えているといいます。

そんな患者さんとの実話、『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』に続く、第2弾『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう』。今回は、新しい研修医2名も加わり、多職種のスタッフが連携する在宅医療について、実際のエピソードのマンガとともに深めていきます。

本稿では同書から一部を抜粋しお届けします。今回は「おうちで死にたいけど、娘に迷惑はかけたくない」というお母さんと「仕事と介護」の両立に悩む娘さんが、たんぽぽ先生らの力を借りて最期は満足いく看取りをすることが叶うお話しです。現役世代で日々忙しくしている人にとって、介護と仕事のバランスについて考えさせられます。

この記事の漫画を読む(11ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT