「愛犬を捨てたくなった男」を襲った本当の悲劇 漫画「機械仕掛けの愛」(第5集・1話目)

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
飼い主が再婚することに、その時ボムは……

ヒトではないキカイが、「生きたい」と叫ぶーー。

『機械仕掛けの愛』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

短編漫画の名手が、さまざまなロボットの愛情と葛藤を描きつつ“人間はどう生きるか”を問う寓話的オムニバス。

手塚治虫文化賞短編賞、文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。

機械仕掛けの愛』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(25ページ)
業田 良家 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ごうだ よしいえ / Yoshiie Gouda

1983年、4コマギャグ『ゴーダ君』でデビュー。ギャグや風刺から哲学的な視点まで、幅広い作風で知られる。ロボットやラブドールなど、人間ではないものを通して“人間”を描き出す短編で高い評価を得ている。代表作『自虐の詩』『空気人形』は映画化、『男の操』はテレビドラマ化されている。『機械仕掛けの愛』では第17回手塚治虫文学賞短編賞、第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT