「全部一人でできる」独居高齢者を襲う"残酷な病"

漫画「19番目のカルテ」第14話

検査結果から判明した病の正体とは
『19番目のカルテ(1)』(書影をクリックすると連載サイト「ゼノン編集部」にジャンプします)

総合診療科は、内科、小児科、産婦人科など18に細分化された専門分野に新たに加えられた、“19番目の専門分野”として位置づけられている。特定の臓器や疾患に限定することなく初期診療にあたり、必要に応じてほかの専門的な医師や機関につなぐ「各科へのゲートキーパー」のような存在だ。

臓器ではなく患者という“人間そのもの”を診察する徳重との出会いで、滝野の考えに変化が起こる――。

この記事の漫画を読む(35ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT