「無視される」黒田総裁とイエレン議長

いま金融市場で何が起きているのか(上)

昨年の10月以降、「官邸」との間に「すき間風」が吹いているともいわれる日銀・黒田総裁(写真:ロイター/アフロ)

2月17から18日に日銀金融政策決定会合が開催され、会合終了後、黒田総裁の記者会見が行われた。半日おいて、米連邦準備制度理事会(FRB)は、1月27-28日開催分のFOMC議事要旨を18日(米国時間)に公表した。

なぜマーケットは日米の金融政策を無視したのか

株式市場は、どちらも無視した。為替と金利は若干動いたが、すぐに元に戻った。要は、金融市場は、全く関心がなかったのである。これは当然である。なぜなら、金融政策には誰も関心がないからである。

それにもかかわらず、事前には、「黒田総裁の会見待ち」「FOMCの議事録待ち」という市場の声がある、といったものが報道された。

これは、何かの間違いか。ポジショントーク?いや、ポジショントークにもならない。「聞かれたから、一応そう答えた」、という類いのものだろう。今や、中央銀行の政策にまじめに注目する人は誰もいない。

何かが起きているのだろうか。

何も起きていない。実体経済が順調なので、何も起こりようがないのだ。

ここ数年、金融市場の役割が低下してきたが、さらにそれが進み、幅広いコンセンサスとなって、正々堂々と金融市場が無視されるようになったのである。

これは、一般の認識と違うかもしれない。金融政策と中央銀行総裁が、世間で、いや世界で注目されたことはこれまでの歴史上はなかった、といっても過言ではない。言い過ぎても言い過ぎることはないぐらい、この5年は、金融政策と中央銀行が、世の中の議論を席巻した。

しかし、実は、金融政策と中央銀行に席巻されたのは、金融市場と、それにそそのかされたメディアだけだった。

確かに、金融市場は、すべて金融政策頼みだった。他に良いことは一つもなかったからであり、バブル崩壊での敗戦処理後、当面稼ぐ手段は、金融政策による買い付け、つまり、暴落した金融資産を安く買い、金融政策と称する「資産買い取り政策」に頼って、中央銀行などに高く買ってもらうことだけで生き延びてきたのだ。

次ページ実体経済に見放された金融市場
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT