新卒の皆さん!周りの意見は無視しましょう

「ベンチャーより大企業」は根拠なし

繰り返しですがどちらを選択するにせよ、その場所で活躍して実績を積めば、自然に次のキャリアは開けてきます。ちなみに私であれば、絶対にベンチャーのほうを選びます。「新卒なので大企業の扉が開く」という事実よりも、「新卒なので挑戦して失敗もできる時期」ということのほうに私なら着目します。実際に、そうやってキャリアを切り開いてきましたので。

本連載において繰り返し、「キャリアとは自分自身のユニークさを構築することにある」と訴えてきましたが、仮にベンチャーから大企業は無理と周りが言うのであれば、よっし-さんご自身がそれを成し遂げる最初の人になればいいのだと思います。

少なくともそのような気概があれば、その次のキャリアでも苦戦することはないでしょう。かく言う私自身も、自分のキャリアの異様さ、ではなくユニークさには自信を持っていますし、人と話す際のネタにもなっています。そして何よりも自分自身のキャリアを切り開いているという実感を持てるということが、大事なのだと思います。

周りの意見を聞いてはいけない

そしてこれまた極論で申し訳ないのですが、私自身は新卒の仕事選びにおいては、周りの意見なんぞ聞かないほうがいいとさえ思っています。

と言いますのも、結局、情報量の限られている学生同士だけでなく、皆さんの先輩たる社会人の方たちも、圧倒的大多数は新卒で大企業に入っているわけで、周りは正論しか言いません。そして正論とはすなわち皆が進む道(=大企業への入社)です。当然、その中で頑張るというのも選択としてはアリですが、せっかく書かれているように、いい大学に入ったのだから、その頭脳を使って誰にもできないこと、そして社会のためになりそうだとご自身が考えることに、ぜひ挑戦してみてほしいですね。

挑戦しないことにはリターンもありませんし、何より挑戦しないことをいったん選んでしまうと、挑戦しないことがクセになりますので、要注意です。

よっしーさんは、挑戦する気が満々だと思いますので、頼もしくも感じております。そのスタンスであればどこにいても頑張れます。この先、いいキャリアを積まれることを応援しております。

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT