【産業天気図・通信業】携帯は後退。固定も新旧入り乱れ、競争激化で『雨』続く

通信業界は2005年度も減益になりそうだ。業界の全利益の6割超を稼ぐ携帯電話業界のガリバー、NTTドコモが減収減益となるのが、その最大の要因。解約防止を狙った各種割引やキャンペーンが影響して利用単価が減少するため、加入者の増加でカバーしきれない。FOMAの販売促進費用もあり、経費節減などを進めても営業利益は減益となりそうだ。
 ボーダフォンは深刻な客離れにあえいでおり、浮上の兆しは見えない。KDDIは、唯一、au携帯電話の好調に支えられて成長を続けているが、市場の飽和もあって加入者の増加ペースは鈍っている。増益ながら業界全体を支える力はない。
 固定通信は相変わらず厳しい競争環境だ。ソフトバンク、KDDIは新しい格安電話を本格的に開始、市場を独占してきたNTTも値下げで対抗。これら新旧事業者が入り乱れて、縮小するパイを奪い合う。頼みのブロードバンド事業も、光ファイバーの本格普及が進む前に早くもADSLの成長が鈍化。加入者拡大のテコ入れをするため、各社とも身を削った販売合戦を繰り広げそうだ。NTTの合理化余地が、数少ない増益要素だ。
【丸山尚文記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。