実録!メタバースビジネスのメリットと課題 メタバースの特性を生かすサービスなのかが鍵

拡大
縮小

ではメタバースの特徴を生かしつつ、ビジネスとして成立させる方法はないか。例えば1つの案として、イベント型のメタバースが考えられる。イベント型のメタバースは前出したように、ビジネスとの相性もいい。イベントであれば、メタバースを活用することで、場所、開催期間の制約を取っ払うことができる。

例えば「バーチャルマーケット」では、メタバース上に出展企業のブースが設けられ、そこにユーザーが来場し、さまざまなイベントを体験することができる。

企業はマーケティングの一環として導入しやすく、アバター店員が実際に接客することもできる。販売力はまだそこまであるわけではないが、売り上げに直結することもある。

こうした利点を生かし、筆者は教育型メタバースだけでなく、イベント型メタバース事業にも着手している。事業パートナーであるテイケイワークス東京株式会社と共同で開発したのが「メタバース型就職イベント」だ。本記事用にデモ版も作成したので、体験してみてほしい。(デモURL
【アカウント】teikeiworkstokyo.metaverse@gmail.com
【パスワード】tWtxUzuz0808)

このサービスでは、会場で期間限定で実施されている就職フェアを、メタバース上で実施し、かつ開催期間を限定せず、つねにオープンの状態で求職者を迎え入れる。「メタバース上の就職イベント」というよりは「メタバース上の採用窓口」のほうが実態に近い。

就職イベントを行うメリット

メタバース上で就職イベント(採用窓口)を行うメリットには、次のようなものがある。

・ライブ配信のような「オンライン企業説明会」とは違い、メタバース上で自分のアバターを操作することで、参加型の就職活動体験ができる
・就職イベントと違い、開催期間を限定する必要がない(つねに公開されている)
・興味がある企業にはメタバース上からチャットを送ったり、ZOOMなどのライブチャットで話をすることができる

このように、メタバースを活用する狙い、メリットがないと、「ただメタバースでやっているだけ」になってしまう。

今後、メタバースのビジネス活用が進むかどうかは、通信環境やデバイスの進化だけでなく、メタバースの利用に慣れる人も増え、かつ企業側が「メタバースの特性」を理解したうえでビジネス活用策を見いだせるかが鍵となるだろう。

より活用事例が増えれば、メタバースを事業に活用する「メタバースコンサルタント」といった職種も今後出てくるかもしれない。メタバースを取り巻くビジネス環境がどのように変わり、成長していくか、楽しみだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT