携帯3社が乗り出す「スマホメタバース」の正体

未来の「モバイルSNS」主戦場となる可能性も

NTTドコモが出資するHIKKYのVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

3Dの仮想空間で人と語らい、一緒に遊べるメタバース。国内外のさまざまな企業が数多くのプラットフォームを作り、アピール合戦が繰り広げられている。それもそのはず、メタバースは今後多くのユーザーが集うSNSとして普及する可能性を秘めているからだ。

若者に飽きられつつある旧来のSNS

スマートフォンの普及とともに浸透していったSNS。同窓生と再会して近況を報告しあったり、地元コミュニティーの連絡網として使ったり、同じ趣味を持つ者同士で楽しんだりと、コミュニケーションを主体とした情報サービスとして多くのユーザーが利用している。しかしそのSNS。いつまでサービスが続くのだろうか。

この連載の一覧はこちら

日本で普及したSNSにはmixi(2004年)、GREE(2004年)、Facebook(2004年)、Twitter(2006年)、Instagram(2010年)といったものがある。mixiやGREEは時を重ねるにつれて栄枯盛衰の流れをたどり、世界最大規模となったFacebookですら若年層のユーザー開拓に失敗。12月2日には北海道大学附属図書館が「近年、学生のFacebook利用者が減少していることから、ついにFacebookでは十分な広報が難しいという結論に至りました」とFacebookアカウントの運用終了を発表し、物議を醸した。Twitterも他サービスと似た機能を盛り込むものの理解が得られず、「今までよりも使いづらくなった。元に戻してほしい」と言われる始末。Instagramも、TikTok(2017年)などの新興SNSに若年層が移住してしまい、Instagram離れが進みつつある。

この高齢化問題からのユーザー数減少を解決すると見られているのがメタバースだ。本来は対戦ゲームだったフォートナイトが雑談スペースとして機能し、アメリカのストラテジスト、マシュー・ボールのツイートによればゲーム内キャラクターに着せられるバーチャルファッションの売り上げが年間30億〜50億ドルとなっている。

レゴブロックのミニフィグのようなアバターを操作して鬼ごっこやかくれんぼなどシンプルなルールで遊べる、スマホ・プレイステーション・PC用ゲームのロブロックスも注目だ。月間アクティブユーザーは日本の総人口を超える1億5000万人といわれており、世界中の若年層が遊びながらコミュニケーションを楽しみ、多くの可処分時間を捧げている。また若年層に自社の存在感をアピールしたいGUCCIやナイキといったブランドとコラボして、独自のコンテンツ展開も行っている。

次ページFacebookは社名を「メタ」に変更
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT