「VR日産ショールーム」に見るメタバース広報戦略

10年後はメタバースでの発表会が主流に?

日産自動車は11月4日、VR上にバーチャルギャラリー「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」を公開した(筆者撮影)
この記事の画像を見る(6枚)

VRヘッドセットを用いてアクセスし、3DCGで描かれたバーチャル空間内を自由に歩けるソーシャルVRプラットフォームのVRChat。アメリカ・サンフランシスコの企業が提供するメタバース(主に3次元のデジタル仮想空間サービスのことを指す)の1つで、フェイスブックが社名をメタと変えるはるか以前の2014年よりサービスを提供している。

VRChatにはワールドと呼ばれる数多くのバーチャル空間があり、一定時間プレイしたユーザーであれば誰でも自作のワールドを公開できる。その1つに、日産自動車が11月4日に公開した「NISSAN CROSSING」がある。

銀座4丁目の交差点にある日産ギャラリー「NISSAN CROSSING」をそのまま再現した、デジタルツイン(現実世界の建築物などをデジタル仮想空間内で再現する技術)なスペースだ。

営業時間は24時間365日

ここはNISSAN CROSSINGのあるGINZA PLACEの建物だけではなく、銀座4丁目の交差点もリアルに描かれているバーチャル空間。モノトーンではあるが、銀座三越や和光本店のようなビルも存在する。リアルな銀座の気配を感じとることができて、VRツーリズムの可能性もうかがえる。

VR上のNISSAN CROSSINGの営業時間は24時間365日。常時開店していて、いつでも訪れることができる。

この連載の一覧はこちら

ショールーム内に展示されているのは、まもなく発売予定のEV SUV 日産アリアだ。車両の開発時に使われたデータを元に製作されたもので、どの角度から見ても実物そのものだ。

現在、メタバース空間を活用して企業のショールームが作れるサービスが増えてきている。バーチャルSNSのcluster(クラスター)や、バーチャルプラットフォームのF8VPS(フォーラムエイト)など日本発のサービスはスマートフォンでもアクセスできるようなシステム設計がされており、ユーザーを選ばないというメリットを打ち出している。

次ページなぜ日産がVRChatを選んだのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT