メタバース沸騰が過去のブームと違う訳【動画】 「セカンドライフ」の二の舞は避けられるのか

印刷
A
A

メタバース市場が注目を集めています。

フェイスブックも社名を変更

フェイスブックも社名を「Meta(メタ)」に変更すると発表し、大きな話題を集めました。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「メタバースブームの真贋」特集ページにジャンプします

VRデバイスやスマートフォンを通じて、人々が気軽に交流できる仮想世界に対し、世界中のあらゆる企業が新規事業を立ち上げ、巨額投資を行っています

一方、似たようなブームとして、2003年からアメリカのリンデンラボが運営している「セカンドライフ」がありました。

過去のブームとはいったい何が違うのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト「メタバースブームの真贋」より、東洋経済の長瀧菜摘記者と武山隼大記者のレポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:スープアップデザインズ、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT