ソニーのTVが「金のなる木」に変貌した訳【動画】 10年連続赤字の"お荷物"から安定収益源に

拡大
縮小

2020年度、ソニーのエレクトロニクス事業は本業の儲けを示す営業利益が前期比約6割増の1391億円と直近10年で最高の数字を更新しました。

テレビがエレクトロニクス事業の利益柱に

テレビ単体の損益は2019年度以降、開示していませんがエレクトロニクス事業の利益の大半はテレビが占めたとみられます。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「テレビメーカー 最後の宴」特集ページにジャンプします

絶好調のソニーのテレビですが、かつては10年連続で赤字というお荷物事業でした。

いったいどのような復活を遂げたのでしょうか?

会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の特集「テレビメーカー 最後の宴」より、東洋経済の佐々木亮祐記者のリポートをもとにお届けしました。

東洋経済オンライン編集部の紐野義貴と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:梅谷秀司)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT