トップガン マーヴェリック、昭和世代が熱狂の訳 トム・クルーズの働き方に見た「現役」の意味

印刷
A
A
トップガン マーヴェリック トム・クルーズ
大ヒット中の映画『トップガン マーヴェリック』(画像:『トップガン マーヴェリック』公式サイト)

みなさんは映画『トップガン マーヴェリック』を観ましたか――。

今年還暦を迎えたトム・クルーズの1歳下である私は3回観ました。私だけでなく「追いトップガン」という言葉が登場するくらい、何回も劇場に足を運ぶオジサンやオバサンがものすごく多いようです。なぜ、『トップガン マーヴェリック』はこんなにも昭和世代を熱狂させるのでしょうか。

(※ここから先はネタバレを含みますので、『トップガン マーヴェリック』をこれから初めてご覧になる予定のある方はご注意ください)

まず冒頭5分で、1986年に熱狂した者たちの心をわしづかみにします。前作とほぼ同じオープニングシーン。もちろんBGMはケニー・ロギンスの「Danger Zone」。一気に当時にタイムスリップする演出が心憎すぎます。

続いてトム・クルーズの登場。およそ60歳には見えないものの、それでも36年を経た顔のしわ、たるみがスクリーンに刻印されます。しかし、一方で今もなお、レイバンのサングラスをかけ、往年のレザージャケットG1に袖を通し、KAWASAKIのバイクで疾走します。いまだ現役感バリバリ。昭和世代はグッときます。

時代遅れの遺物

マーヴェリック=トム・クルーズは現役感満載でなにも変わらないけど、トム以外はすべて変わっていました。上司もみんな年下。ライバルだったアイスマンは司令官に出世。いつまでも若い(つもりの)トムに突きつけられる「時代遅れの遺物」としての現実。

「きみたちパイロットの居場所は海軍にはない」と上官に突き放されるシーンがあります。年下上司に煙たがられたり、働かないおじさんと揶揄されたり、職場で「時代遅れの遺物」と扱われがちな昭和世代と、トムも同じ環境に置かれているのです。しかしトムは穏やかな表情で、そして強い意志を宿らせた瞳で、たった一言、「Not Today(それは今日ではない)」という言葉を返します。

そうだ! 俺はまだやれる! 昭和世代の鬱憤(うっぷん)を、吹き飛ばしてくれるトム。

そうなんです。トップガン マーヴェリックは、単にノスタルジーを刺激するというだけでなく、昭和世代にとってはその生きざまや働き方を正当化してくれるような映画なのです。

次ページマネジメントが下手すぎる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT