【産業天気図・石油】原油価格は再上昇だが値上げ一服で業績弱含み

2004年度は10月25日に1バレル=55.67ドル(NY市場)と、史上最高値に乗せた原油価格。その後、年末に向けて下落したが、年が明けて欧米の寒波やOPEC減産観測を受け、再び上昇に転じた。日本の石油会社が購入するドバイ原油は、既に最高値を更新している。この再上昇で、従来05年度は「反落」だった原油価格の見方も、次第に「高止まり」が大勢になりつつある。年平均で40ドル台半ばというのが市場のコンセンサスだ。
 日本の石油会社も、今期は原油高を満喫した。増益率で倍増はおろか、新日本石油のように3倍超の企業もある。原油高をガソリンなど製品価格に転嫁できたうえ、値上げしても需要は伸びたからだ。
 ただ05年度は高水準とはいえ、さすがに利益は一服しそうだ。今期業績を支えた在庫評価益が剥落するうえ、SSなどでの小売価格も、ひところの値上げ続出から沈静化しつつある。原発稼働で、火力発電用の重油など産業向けの低価格圧力も強い。今期水準が高過ぎるせいもあるが、新日石のほか、昭和シェル石油やコスモ石油など大手の業績は、ほぼ横ばいから弱含み程度に着地しそうだ。空模様としては『晴れ時々曇り』となろう。
【大野和幸記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT