日本に自動車生産は残るのか?--トヨタ、日産の賭け “最後”の国内工場(下)


 九州工場から北へ車で20分ほどに工場を構える鋳造メーカーの戸畑ターレット工作所。06年に自動車部品製造を始めた新規参入組だが、素材形状の変更によりエンジン関連部品で3割以上のコスト削減を提案した。初めて実現した日産向け取引だ。

実は九州には日産だけでなく、トヨタやダイハツ工業も進出し、自動車産業が集積している。児玉工場長は「それが九州のもう一つの地の利。今後も地場メーカーを積極的に開拓する」と説明する。

LCCや地場調達は、何も今に始まった話ではない。しかし構成部品、つまり「部品の部品」まで含めて、すべて徹底しなければ、国内生産は維持できない──。九州ビクトリーにはそんな危機感がある。

サプライヤーには痛みも伴いそうだ。今後は同じ国内でも、人件費が相対的に高い関東や関西の工場は維持しにくくなる。サプライヤーのLCC移転が進めば、国内100万台生産は維持されたとしても、“内なる空洞化”が進むことになる。

「うちの工場にも日産の社員が来る回数が増えた」。それでもある部品メーカー幹部は、九州ビクトリーに日産の変化を感じ取っている。これまで日産は購買部門の力が比較的強く、原価低減の要求が「コミットメント」として独り歩きしていた面があるという。サプライヤーとの改善活動に後れを取っていたとの指摘もある。だが「今回はわれわれの提案を聞こうという姿勢がある」。

九州工場の分社化は、まず自らが変わるという、日産の意思表示だ。1ドル=80円でも利益を出すという高いハードルを前に、日産はあらためて、モノ作りの原点に戻りつつあるのかもしれない。

◆日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(西村豪太、並木厚憲 =週刊東洋経済2011年3月5日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT