日本に自動車生産は残るのか?--トヨタ、日産の賭け “最後”の国内工場(下)


「LCCか九州か」 調達見直しを加速

「LCCで作るか、ここ九州で作るか、どちらかにしてください」。児玉工場長は目下、サプライヤー各社を説得して回っている。

九州工場では次の新車投入に向けて、調達の見直しを急ピッチで進めている。現在調達先を選定中で、エンジンとトランスミッションを除くすべての部品について、LCCもしくは地元九州のサプライヤーをノミネート。双方を競わせる形で、最適調達を模索する。

単純にLCC調達を増やせばよいわけではない。児玉工場長はある部品の物流経路を調べて驚いた。その部品はインドで生産されているが、組み付けのため、米国を経由し、国内では中部、関東を経て九州に送られていた。「物流費を含めて考えれば、九州で作ったほうが安い例もある」(児玉工場長)。地場調達は生産リードタイム縮小にもつながる。

九州工場の現地調達率は表面上、すでに7割に及ぶ。だが、現地で調達したとされる部品のうち、3割の構成部品は実は関東から運ばれている。関東で作れば人件費が高いうえに、余分な物流コストまで乗ってしまう。サプライヤーに対して、LCCか九州か、二者択一を迫る理由はここにある。

昨年4月には九州工場で新たな組織が立ち上がっている。「九州ビクトリー推進部」。生産技術だけでなく、物流など部門を超えて総勢20名が集まった。そのうち日産本社からも、購買の担当者3名が常駐。メンバーはサプライヤーに日参し、ともに改善活動に汗を流す。

まず44部品を選定し、原価の1割削減を目指す。取り組みは2次や3次サプライヤーにも及び、構成部品を一つひとつチェック。物流の見直しや、設計変更に至る場合もある。

1次サプライヤーは九州に進出する日産系の大手が多いが、真の地場化を進めるためには、2次や3次サプライヤーとして、地場企業を育成し、発掘する必要がある。メンバーは地場企業にも足を伸ばして、直接指導にも当たる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT