ウザい「すぐ自分の話する人」黙らせる驚きの秘訣 「私も」「僕も」の会話ナルシストに要注意!

✎ 1〜 ✎ 67 ✎ 68 ✎ 69 ✎ 最新
拡大
縮小
会話はお互いが気持ちよくボールを投げ合うものですが、なかには自分の話ばかりで人の話を聞かない人もいます(写真:アン・デオール/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれている。
その岡本氏が、全メソッドを初公開し、15万部を超えるベストセラーとなった『世界最高の話し方――1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』に続き、このたび『世界最高の雑談力: 「人生最強の武器」を手に入れる! 「伝説の家庭教師」がこっそり教える 一生、会話に困らない超簡単50のルール』を上梓し、発売3日で3万部を突破するなど、早くも話題を呼んでいる。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『自分の話ばかりする人』を黙らせるたった1つの方法」について解説する。

対処に困る「『私の話を聞け」系ナルシスト」

『世界最高の雑談力:「人生最強の武器」を手に入れる!「伝説の家庭教師」がこっそり教える一生、会話に困らない超簡単50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「雑談や会話はキャッチボールのようなもの」とよく言われます。

お互いが気持ちよくボールを投げ合い、情報や気持ちを交換することで、つながりを深めていくわけですが、なかには、とにかく自分の話ばかりして、人の話をまったく聞かない人がいます。

こうした気質をアメリカの社会学者は「会話ナルシズム」(Conversational Narcissism)と形容しました。今回は、みなさんの身の回りにもいる「『私の話を聞け」系ナルシスト」にどう対処し、どう撃退すればいいのかを考えてみましょう。

まずは、次の2つの会話、どこが問題かわかりますか?

会話①:Aさん「週末、温泉に行ってきたの」
Bさん「あ、私も、軽井沢の別荘に行ってきたわ」
会話②:Aさん「最近眠れなくて」
Bさん「僕も、最近、仕事が忙しすぎてさあ」
次ページどちらも普通の会話のようだが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT