日本国内も「無人ヘリ」が飛び交う?

政府も法整備に本腰を入れ始めた

日本国内でも多くの業界が、ドローンに商機を見い出している。建設業界では東日本大震災後の復興、老朽化したインフラ刷新など需要は旺盛なものの、人手不足の問題が深刻化している。工事現場での労働力不足を解消するため、建設機械大手のコマツ<6301.T>は2月、ドローンを用いた新サービスを始めた。

通常は2人以上で行う現場の測量作業を、新サービスではドローンに搭載したカメラで上空から撮影し、画像をコンピュータに送信。地形の3次元(3D)データを作成するなどして自動化する。数カ月はかかる作業が10─15分程度で済む。

その後、ICT建機と呼ばれる自動化されたブルドーザーなどがデータに基づく作業計画に沿って穴を掘ったりするため、熟練作業員でなくても簡単に操作できるという。   

コマツは米サンフランシスコに拠点を置くベンチャー企業のスカイキャッチ製ドローンを今後数年間で約200機リースする計画だ。できるだけ早く新サービス関連売上高で100億円を目指し、ICT建機の導入数を現在の約350台から1―2年で1500台に増やす考え。   

防犯、インフラ点検、災害時に

警備大手のセコム<9735.T>は、商業施設や工場、倉庫などでの防犯用ドローンの開発を進めており、3月中に販売する予定。自動的に飛び立って敷地内に侵入した不審者を追跡し、撮影が可能。同社によると「顧客からの問い合わせは増えており、ドローンへの関心は高まっている」(広報担当の斎藤明日香氏)という。   

「いろいろ考えている」。複写機などで知られるリコー<7752.T>も、自社のカメラを活用する1つの手段としてドローンで何かできないかをリサーチ中だ。まだ、アイデアレベルで事業化を検討する段階にはないが、同社の大谷渉・新規事業開発センター所長は、カメラを搭載したドローンで「農作物の育成状態をモニターするという試みをやっている」と話す。

次ページ日本での活用の想定とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT